和田です。 昨日は、BLS(救急法)と 酸素プロバイダーの講習。 救急法や酸素の使い方(ダイビング障害に限る) 、イザという時に必要なスキルをマスター。 ダイビングはバディやチームで 安全性が高くなりますので、 救急法や酸素の使い方は、リーダー以外の ダイバーも必須ではないでしょうか? ところで、 今回の参加者の一人、Kさんは、 神子元のガイド、経験本数8000本のつわものガイド。 神子元島は、下田の南、 約10キロほど沖の無人島。 この島の周りは、 最近では、ハンマーヘッド遭遇で有名。 ですが、 Kさんの話によると、 昔、20年以上前までは、 ハンマーはほとんど見なかったと、 地元のフーカーの漁師は言っていたそうです。 むしろ、大物のカンパチやヒラマサを 見に行く、その前は、スピアフィッシングで 有名なポイントだった。 そして、年々、神子元の夏の水温も 上昇しているとのこと、 あまり水温が高いとハンマーは 水深の浅い、われわれダイバーが見れる ところに現れなくなる。 徐々にハンマーが北上して、 そのうち、海洋公園あたりが、 ハンマーポイントになるかも・・・・ Kさんは、現地で常に 海と接してきた方。 海の変化には敏感。 昨日の、朝のラジオでも 海が異常(例年より日本近海の水温が1℃低い)と 言っていました。 昨年知名度を上げた、ダイオウイカなど 深海に住む生き物たちが 定置網にひっかかったと、 ニュースになっています。 海の変化は、 陸上にも影響が出てきます。 ダイバーは、いち早く自然の変化を 感じる立場にいます。 地球の70%は海、 その海の変化の影響は 大きいです。 少しいつもと違う視点で、 海に接してみましょう。