こんにちは

山田です。

本日は『チョウチョウウオ』に焦点を当てて、
宇佐美でよく見れる『チョウチョウウオ』について生息域等を説明し、
「宇佐美ビーチをより楽しめるようなろう!」
というのが趣旨でご紹介します。




☆伊豆と言えば
『チョウチョウウオ』
chochoUO


生息域:1M〜

特徴 :岩礁やサンゴ礁域に生息する。
    宇佐美では必ず目にする種類ではないでしょうか。
    水温に強く越冬する。
    大型のものは全長、約20CMまで成長するものも。
    雑食で底の小型甲殻類、藻類、カイメンなどを食べる。
    温帯を好むため、沖縄などの熱帯地域にはすくない。
    かつては食用をして好まれ、てんぷらには欠かせないマストアイテムだったそう。
    本州では生殖ができないそう。理由は不明

   


 



☆『トゲチョウチョウウオ』

togeCU


生息域:5M〜
特徴:サンゴ礁域に生息する
   名前の由来は、背びれの後ろがトゲのように伸びていることから
   名前がついたそうです。
この部分は硬く、オス同士のケンカでこのトゲが刺さってしまい
   その刺さったままのトゲチョウチョウウオを見かけることもしばしば
   背びれ後方には黒点がある特徴だが、地域により個体差があり、ないものもいる。
   サンゴのポリプや、甲殻類、イソギンチャクなどたべる雑食。
   九州以北では繁殖ができない。水温が低いと生活できないため死滅回遊魚。




☆『ハタタテダイ』


生息域:8M〜 去年は10Mのテトラに
特徴:長く伸びた背ビレの棘条が特徴的。
   これが白い旗を立てているように見えることからその名がついたそう。
   同じ仲間のムレハタタテダイと酷似。
   違いとしては、背びれ棘が11本がハタテテダイ12本がムレハタテダイだそうですが、
   水中で判断するのは、至難の業。
   あとはムレハタタテダイは名前の通り、群れでいることが多い為、その点でも見分ける基準になる。
   雑種で、プランクトン、海藻類、他の魚の寄生虫もつついてることもある。

   あなたはこれをみわけることができますか?

mureHDI
 
hatatateDI

tsunodashiiop

shimaHDI

以上『チョウチョウウオ』についてでした。




次は『ギンポ』についてです。
お楽しみに!