こんにちは
山田です。

本日は『ウミウシ』に焦点を当てて、
宇佐美でよく見れる『ウミウシ』について生息域等を説明し、
「宇佐美ビーチをより楽しめるようになろう!」
というのが趣旨でご紹介します。




☆『ミヤコウミウシ』
miyakoumiusi-mana



生息域:4M〜

特徴 :大きいものでは8cmになるものも
    突起の間に青い眼紋状の斑点を持つ個体が多い。
    ナメクジのようなウミウシは軟体動物二枚貝鋼の仲間で
    いわゆるサザエなどの同じ仲間。
    ウミウシ貝のようなものはまったく見えないが
    赤ん坊のときは全員が貝殻をもっている。
    ほとんどのウミウシは生体になるにつれて貝殻を脱ぐ。
    なぜ脱ぐかというと貝を生産するためにかかる
    莫大なエネルギーがかかること、また移動先が制限される
    以上の点から殻を捨てたそう。
    そして自ら有毒のカイメンなどを食べて、
    体に毒をまとい、捕食者に対抗すると不思議な生態をもっている。
    めだつ色のウミウシたちはまさに「食えるものなら食ってみろ」
    という自身の表れなのかも。
    
    
これはウミウシの卵です。

2014012402



☆『ウデフリツノザヤウミウシ』
Thecacera-pacifica


生息域:10M〜

特徴:ダイバーの中では『ピカチュー』の呼び名でおなじみで
   かなりの人気ものです。
   もちろん発電はしません。
   沖縄よりも伊豆で見られることのほうが多い。
   かなり活発で突起を動かしながら岩の上を歩いているのをよく見ます。
   冬から春にかけてよく見られます。





☆『サガミリュウグウウミウシ』
45965948431


生息域:10M〜 

特徴:ピカチューに次ぐ人気者。
   カラフルな色合いでインパクトが強い。
   水深は他のウミウシより深いところでよく観察される。
   色は青色か、黒青色
   ミヤコウミウシと同じで10cm以上になる個体が多くかなり大物。
   


以上『ウミウシ』についてでした。



次は『甲殻類』についてです。
お楽しみに!